住宅の建具などに問題が生じた時の修理費用

住宅を建てるとき、まず基礎を作ります。
その後柱を組みます。
柱ができるとかなり形が分かるようになりますが、まだまだ住める状態ではありません。
その後に壁や建具、造作などを行います。
電気やガス、水回りの公示なども別々の業者が行っていきます。
柱の組み立てからかなり期間が経過しないと住める状態にはならないでしょう。
新築の建物の場合、問題が生じた時には10年間保証をしてもらえる仕組みがあります。
これは品確法と呼ばれる法律で決められていて、構造の主要な部分、水の侵入の防止の問題などに限定されています。
建物が傾いてきたとか、雨漏りがするようなときにはこの法律によって無償で修理などの対応をしてもらうことが可能になります。
では、玄関や窓などの建具であったり、その他の造作に問題が生じた時はどうなるかです。
購入者からすると一つの住宅のですが、メーカーなどが異なります。
建具は建具で保証期間が設けられているので、それに基づいて補償をしてもらいます。