不動産業を開業するのに必要な事

男性に人気のある職業の1つに不動産業があります。
不動産といっても種類は様々で、町でよく見る賃貸契約の仲介の仕事や、土地を売買する多きな金額が動く仕事や、住宅購入の内容まで様々です。
この仕事は、無資格では開業する事はできません。
不動産を開業する為には必ず2つの資格が必要になってきます。
宅地建物取引士と宅地建物取引業というものです。
この資格の試験合格率は平均15~17%程と言われていますが、とくに専門の学校へ行く必要などはない上、学歴はほぼ関係ないので、その他の厳しい条件つきの資格と比べると、比較的簡単に取れるのが特徴です。
この資格を取得するには、まず民法と宅建業法などの知識を身につけておかなければなりません。
不動産というのは賃貸や住宅、土地の契約の仲介に入らなければならないので、その部分に詳しくなければトラブルに繋がる原因にもなります。
何より一番大事なのは、必ず自分で勉強して資格を取得する事です。