新築住宅の保証における供託と保険の違い

新築住宅を購入した時、10年間の保証期間があります。
この間に何らかの問題があったとしても、その間の修繕費用などは業者の方が負担をしてくれます。
つまりは、10年間は追加費用なく今の住宅を利用できることを意味します。
この時、供託と保険によって保証が行われることがあるとされています。
購入時にその話が出てくることもあります。
供託は、売主が倒産をしたときに買主が法務局に還付請求をします。
売主が供託金を拠出しているので、その範囲内で保証が受けられる仕組みになっています。
保険の方は、売主が保険会社などに保険料を払って保険契約を行っています。
倒産をして対応ができなくなったときには、買主は保険会社に修繕の費用を請求することができます。
一般的には保険によって業者は万が一に備えているようです。
買主に対して話をするのも、きちんと保証ができる仕組みを伝えて安心してもらうためでしょう。
供託でも保険でも、買い主にとっては損得の違いはありません。

収納豊富な賃貸物件を飯田橋
付近でご紹介しています

神楽坂でワンルームの賃貸
をお探しなら神楽坂賃貸.com

庭付きでペット可能な賃貸物件
なら当サイト内をご覧ください

四谷での賃貸情報
を毎日更新中

建ぺい率を受けない工場
としても人気があります